腹部手術後の癒着による影響と負担に関するビデオ 再生
癒着とは、体内に形成された瘢痕組織の線維帯により、本来離れているべき組織や臓器同士が付着してしまうことをいいます。1癒着は腹部手術の合併症の中でも、もっとも一般的で頻度が高く、腹部手術を受けた患者の90%以上に見られます1,2

癒着のリスクと合併症


癒着を発症した患者は、短・長期的な術後合併症に悩まされますが、こうした合併症は、患者はもとより外科医や医療制度にも以下のような負担を課しています。

  • SBO(小腸閉塞)3
  • 女性の不妊症3
  • 慢性腹部骨盤痛3
  • 癒着剥離のための再手術(癒着の外科的除去)3
  • 手術時間の長時間化とそれに関連する合併症リスクの増加3
  • 将来的な治療オプションの制約3
  • 死亡リスクの増加4,5

癒着形成を防ぐために手術中に細心の注意を払うべきなのは当然ですが、組織の自然治癒過程の一環として起こる癒着は、必ずしも外科手術手技のみで防げるものではありません。3,6すべての癒着が問題になるわけではありませんが、多くは併存疾患の症状を示しているにもかかわらず、その根本的原因としては診断されないままになっているのが現状です。3,4

癒着形成
Band状の癒着に起因する、再手術を要するSBO

癒着: オープンアクセス文献


Secular trends in small bowel obstruction and adhesiolysis in the United States: 1988–2007

Frank I. Scott, Mark T. Osterman, Najjia N. Mahmoud, James D. Lewis

Background: Postoperative adhesions are common after surgery and can cause small bowel obstruction (SBO) and require adhesiolysis. The impact that laparoscopy and other surgical advances have had on rates of SBO and adhesiolysis remains controversial. This study examines trends in discharges from US hospitals for SBO and adhesiolysis from 1988 to 2007. READ FULL ARTICLE »

View More

本サイトについて


Postoperative Adhesions Awareness Resource Center は、外科医や看護師、フィジシャンアシスタント(PA)、病院事務・購買担当者、医療政策立案者を含む医療従事者の皆様に、術後癒着の形成にかかわる要因と患者にもたらす深刻な結果についての理解を深めていただくことを目的としています。手術計画や医療計画に携わる人たちの間で、癒着が患者アウトカムに与えている影響についての理解が乏しく、この認識不足が、癒着を予防し最小限に抑えるための真剣な試みに支障をきたしています。本サイトでは、癒着とその関連合併症に関する、査読付き論文、発表、ビデオ等の有益なリソースをご覧いただけます。このページをぜひブックマークに登録して、最新情報の入手にお役立てください。


医療従事者へのコンサルタント費の開示: 2013年6月より、Mike Parker教授は以下の業界活動への参加に対する謝礼を受け取っています。シンポジウム(Applied Medical、Covidien、Ethicon Endo-Surgery、Sanofi)および臨床試験(CarpoNovum)。

References

  1. Sikirica V, Bapat B, Candrill SD, Davis KL, Wilson M, Johns A. The inpatient burden of abdominal and gynecological adhesiolysis in the US. BMC Surg. 2011;11:13.
  2. ten Broek RP, Issa Y, van Santbrink EJ, et al. Burden of adhesions in abdominal and pelvic surgery: systematic review and met-analysis. BMJ. 2013;347:f5588.
  3. Bruggmann D, Tchartchian G, Wallwiener M, Munstedt K, Tinneberg H-R, Hackethal A. Intra-abdominal adhesions. Dtsch Arztebl Int. 2010;107(44):769-775.
  4. DeWilde RL, Trew G; Expert Adhesions Working Party of the European Society of Gynaecological Endoscopy (ESGE). Postoperative abdominal adhesions and their prevention in gynaecological surgery. Expert consensus position. Gynecol Surg. 2007;4:161-168.
  5. van Goor H. Consequences and complications of peritoneal adhesions. J Assoc of Coloproctology of Great Britain and Ireland. 2007;9(suppl 2):25-34.
  6. DeWilde RL, Trew G; Expert Adhesions Working Party of the European Society of Gynaecological Endoscopy (ESGE). Postoperative abdominal adhesions and their prevention in gynaecological surgery. Expert consensus position. Part 2—steps to reduce adhesions. Gynecol Surg. 2007;4:243-253.